脱毛キャンセルの理由によってペナルティは変わる?

やむを得ない事情で予約をキャンセル、それでもペナルティーは発生する?
脱毛の予約は数か月から数週間前に入れておくのがふつうですが、それだけ先のことになると何が起こるかわかりませんよね。急な予定の変更でどうしても脱毛予約をキャンセルしなければならなくなることもあるでしょう。キャンセルをしたタイミングによってはキャンセル料が取られてしまったり、施術回数を1回消化されてしまったりと何らかのペナルティーが発生してしまいます。

脱毛の予約を入れていたのを忘れて別の予定を入れてしまった、そんなケースであればキャンセル料や回数消化のペナルティーを取られてしまっても仕方ないかとあきらめがつくかもしれません。しかし中には病気になってしまい医師から脱毛を止められてしまった、身内に不幸があった、などやむを得ずキャンセルしなくてはならなくなったというケースもありますよね。それでもやっぱりペナルティーは発生してしまうのでしょうか?

キャンセルの理由に関わらずペナルティーは同じ
残念ながら、ほとんどのサロンやクリニックでは理由に関わらず、キャンセルをした場合は同じペナルティーが発生してしまいます。ペナルティーの内容やキャンセル扱いになる条件はサロンによって様々ですが、やむを得ない事情であったからと言ってキャンセル料の支払いを免除してもらえたり、キャンセル扱いにならなかったりということは基本的にはありません。そのため、もしも予約日に施術に通えないことが事前に分かったのであれば、できるだけ早く担当の店舗に連絡をしましょう。サロンやクリニックによっては施術時間前の連絡であればキャンセル扱いにならない場合もあるので必ず連絡はしておきましょう。

ペナルティーが心配ならキャンセルポリシーのゆるいサロンを選ぼう
キャンセルポリシーの厳しさはサロンによって大きく違い、中には無断キャンセルをしても一切ペナルティーが発生しないというサロンもあります。キャンセルによるペナルティーが心配な人は、キャンセルに関して寛容なサロンを選んでおいた方がいいかもしれませんね。