生理中の脱毛はキャンセルすべき?

生理中でもタンポンを使ったり、vioライン以外なら脱毛できる?
生理になってしまったら当然、vioラインの脱毛はお休みしなければいけません。では、vioライン以外の部位であれば生理中でも脱毛OKなのでしょうか?また、タンポンを使えばvioラインの脱毛も大丈夫なのでしょうか?

生理中は脱毛はお休みした方がいい理由は?
サロンやクリニックによっては、vioライン以外であれば生理中の脱毛も可能としている場合があります。でも、脱毛部位に限らず生理中は脱毛をお休みした方がいいでしょう。それにはいくつかの理由があります。

・生理中は痛みを感じやすい
生理中をはじめ、体調を崩しているときやストレスを感じている時は普段以上に痛みを感じやすくなります。生理中に脱毛したことによって痛みが強くなり、そのせいで脱毛にトラウマを抱えてしまい施術を続けることができなくなってしまった、というケースも少なくありません。

・肌トラブルが起こりやすい
生理中はホルモンバランスが乱れています。普段は問題ない脱毛の光も、ホルモンバランスが乱れているときはニキビやシミなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

・脱毛効果が出にくくなる
ホルモンバランスの乱れは、ムダ毛を濃くしたり太くするという影響を引き起こします。この状態で脱毛を行っても、思うように効果が現れません。

・脱毛器やベッドに経血が付着する
脱毛中は専用の下着になることもありますが、そうすると多少なりともベッドや脱毛器に経血が付着することがあります。経血は殺菌シートでもなかなか十分に除菌することができないため、衛生的によくありません。

予約日に生理が来てしまったらどうする?
ある程度生理周期が一定ならば、できるだけ生理に近い次期に施術予約を入れないようにするのがいいでしょう。生理が不順で予約日にちょうど生理が来てしまったという場合には、キャンセル連絡をして施術をお休みするのがいいでしょう。サロンによってはキャンセル料やペナルティーが発生してしまいますが、事前に予約を入れておけばペナルティのないサロンもあります。